The browser you’re using is no longer supported by our website. Please use Microsoft Edge, Chrome or Firefox for a better browsing experience.

贅沢な食事と健康的な食事が矛盾しない理由

菓子製品は、ジボダン社の最も幅広く多様な分野一つです。最近では、ヘルス&ウェルネスがこの分野での活動の重要な焦点となっています。

Variety of sweet pastry

現在は消費者のニーズを考慮して、健康的で満足度の高い商品を提供するという、菓子製品の「トータルソリューション」に取り組んでいます。

菓子製品分野には、ビスケットやクラッカーなどの焼き菓子、シリアル、チューインガムやチョコレート、キャンディなどの菓子類など、さまざまなタイプの製品が含まれます。

これだけ幅広い分野で提供していても、当社の焦点は一貫しています。それは、お客様とのパートナーシップにより、消費者に驚きと喜びを与える製品を生み出すことです。

包括的なアプローチ

ジボダン社は世界最高のフレーバーポートフォリオと技術力を有しています。しかし今日、私たちは真の意味での包括的なアプローチをとっています。お客様のブランドを見て、消費者ニーズの理解に努め、市場の動きを把握し、「トータルソリューション」を開発します。

つまり、ブランドや消費者体験、その中の感情的な要素、ベース、フレーバー、そしてそれをサポートする技術から始めなければなりません。菓子製品分野のさらなる需要は、菓子製品分野に感情的な側面を提供することであり、それは「贅沢の心地よさ」とでも言うべきものかもしれません。

Red fruits pie

自分を贅沢に甘やかす

「健康的な贅沢」という考え方は、お客様にとっての重要な変化を意味しています。当社の世界的なトレンドプログラムであるFlavourVision®は、消費者が「すべてを手に入れたい」と考えていることを示すミクロのトレンドを見つけました。

これは、身体的な健康と精神的な健康の境界線をまたぐもので、例えばカロリーを抑えたチョコレートバーのような健康的な製品であっても、消費者が十分な喜びのひと時を感じられるようにするためには、おいしい味でなければなりません。ここでは「贅沢」が重要であり、あらゆるレベルで消費者のニーズを満たすことが求められています。これは確かに難しいことですが、ジボダン社は技術力とマーケティング手法を駆使して、消費者がすべてを手に入れられるように、菓子製品にバランスの良いソリューションを提供することができます。 

TasteSolutions®でバランスをとる

実際のところ、ジボダン社はどのようにして「贅沢」を意味する豊かな味わいを維持しているのでしょうか?その答えは、お客様の商品から失われやすい要素を戻すという技術にあります。菓子製品の分野では、ヘルス&ウェルネスが非常に重要ですが、製品用途の複雑さが大きな課題となっています。風味だけではなく、食感、歯ごたえ、歯ざわり、噛みごたえ、柔らかさ、そしてそれらの要素が混ざり合って贅沢な食感が生まれることもあります。美味しく、かつ健康的な製品を作るためには、多くのことを考慮する必要があります。例えば、TasteEssentials® Dairyは、クリームのような風味やマウスフィール感に対応し、TasteSolutions®プログラムの甘味(Sweetness)、塩味(Salt)、食感(Mouthfeel)、うま味(Umami)、コク(Richness)は、味覚を調整し、単なる塩や砂糖の代替ではなく、フレーバーの特徴のバランスを取り、確実に口の中で豊かさを感じられるようにします。

新興国でのヘルス&ウェルネス

新興市場では、現在、ヘルス&ウェルネスを目的とした菓子製品に対する需要があります。アフリカや中東では、経済が開放されたことで、より洗練された消費者層が誕生しています。ジボダン社はこうした現実を、これらの市場向けの新しい菓子製品に反映させています。もちろん、当社は健康に関する大きな課題解決のために支援を行っていますが、特に若年層がより豊かになっていることが、より健康的な選択肢を広げています。

甘いものには歴史的に、「楽しんで代償を払う」か「否定して代償を得る」かの選択がありました。ジボダン社は、味はもちろん、糖分や脂肪分、塩分を抑え、さらには栄養面でもメリットのある菓子製品の開発を支援しているため、その選択はもはや厳しいものではありません。これを、ローカルの食文化との関連性を重視したアプローチと重ね合わせることで、素晴らしい成功を収めることができるのです。

このページは、企業間の情報提供を目的としたものです。最終消費者へ情報提供をするためのものではありません。
製品の使用可能性、提供される情報、およびその用途については、各国の適切な規制に準拠していること等を確認する必要があります。
25/06/2022