engage your senses

さらなる進化のための意欲的な目標

私たちの「存在目的」

私たちは、なぜ事業を行っているのか。ジボダン社の「存在目的」こそが、統一的な最大の理由を説明しています。それが、収益的な成長だけを目指すのではなく、私たちがなぜ事業を行うのかを、事業のあらゆる面で再確認させてくれます。すべてのステークホルダーと共有する「存在目的」を明確にし、具体的に表現することは、将来に向けて私たちが目指す目標とロードマップを明確にすることでもあります。

自然環境を敬い、人々のより幸せで健康的な暮らしを創造する。​
さあ、共に思い描きましょう

 

Gilles Andrier, Chief Executive Officer

「私たちの『存在目的』は、当社にとって将来のための選択を導き、戦略的な目標を定める羅針盤となります。地球の気象環境にプラスな企業になることを目指しながら、事業を成長させていくことは、非常にハードルの高い目標です。そして、ジボダン社には、『知性で認識し、心で受け止める』という情緒的な側面もあります。」

ジル・アンドリエ、ジボダン社CEO

    私たちの創り出した製品は日々、多くの人々の暮らしに触れ、その感情を揺り動かしています。私たちは「存在目的」を重視する企業になることで、世界をより幸せで健康的な場所にすることを目指しています。共に、自然環境を敬いながら、持続可能なソリューションを革新していくことで、これまで以上に世界にプラスの影響を与える可能性を私たちは秘めているのです。

    私たちの「存在目的」をもとに、具体的に達成度合いを測定できる4つの重点分野について目標を設定しました。今後は、これらの目標の達成度合いを常にチェックし、進捗状況を定期的に報告します。

    さあ、共に思い描きましょう。

    4
    4
    2
    Creations
    Nature
    People
    Communities

    創造

     

    私たちが創造するものによって、多くの人々がより幸せで健康的な暮らしを楽しめるようにします

     

    これを実現するための目標:

    2030年までに、人々のより幸せで健康的な暮らしに貢献する創造活動を通して、ビジネスを倍増させます。

    自然環境

     

    私たちの行動のすべてに表われる、自然環境を敬う心を示します

    これを実現するための目標

    2050年までに、温室効果ガス(GHG)プロトコルに従い、スコープ1、スコープ2、スコープ3の排出量がゼロ以下の地球の気象環境にプラスな企業になります。

    2030年までに、

    私たちのオペレーション活動から発生する二酸化炭素排出量を70%、サプライチェーン活動から発生する排出量を20%削減します。

    2040年までに、

    私たちのオペレーション活動は地球の気象環境にプラス(ゼロ以下)なものとなり、サプライチェーン活動から発生する排出量を50%削減します。これにより スコープ1とスコープ2の排出量が地球の気象環境にプラス(ゼロ以下)になります。

    2050年までに、

    サプライチェーン活動全体でも地球の気象の環境にプラスなものになります(スコープ1、スコープ2、スコープ3が地球の気象環境にプラス(排出量がゼロ以下))。

    2030年までに、職場やオペレーション活動において、すべての使い捨てプラスチック製品を、環境に優しい代替品に置き換えます。

    人材

     

    ジボダン社は、誰にとっても魅力的で成長できる場になります

     

    これを実現するための目標:

    2030年までに、さらにバランスの取れた包括的な組織になります:

    2025年までに、

    インクルージョンの推進で、世界を代表する企業の一つとして認められるようになります。

    2030年までに、

    シニアリーダーの50%を高成長市場の出身者にします。

    2030年までに、

    シニアリーダーの50%を女性にします。

    2025年までに、以下の取り組みにより、すべての従業員の健康をサポートする体制の充実を図ります。

    職場で働く誰もが、心身の健康を保つための取り組み、ツールの活用、トレーニングを実施します。

    負傷事故の総件数を50%削減します。

    コミュニティ

     

    ジボダン社との協働で、すべてのコミュニティに繁栄がもたらされるようにします

    これを実現するための目標:

    2030年までに、すべての原材料とサービスを、人と自然環境に優しい方法で調達します。

    2030年までに、私たちが原材料の調達などを改善し、事業を展開するコミュニティに暮らす多くの人々の生活を向上させます。