The browser you’re using is no longer supported by our website. Please use Microsoft Edge, Chrome or Firefox for a better browsing experience.
Givaudan Story

バニラに「プレーン(簡単)」という言葉は当てはまりません

  • 世界のバニラ事情
  • Watch the video
  • マダガスカルの合弁事業
  • 適正な農業の実践
  • 地域社会のための持続可能性
  • 経験に基づく知見
  • ビーンズを越えて、バニラ全体のポートフォリオへの充実へ
世界のバニラ事情
Component content

バニラは世界中の消費者に愛され、アイスクリームからアイスラテ、チョコレート、チーズケーキまで、数多くの食品や飲料製品に使われています。

バニラというとプレーンというイメージを持つ方もいらっしゃるかもしれませんが、バニラの風味は決して単純ではありません。香り高くミステリアス、親しみやすくエキゾチック、深みがあり、甘い。バニラの風味はその製造方法とあわせて複雑なのです。

マダガスカルから愛を込めて

バニラを育て、キュアリング(乾燥熟成処理)することは、時間と手間、そして専門知識を要する複雑な作業です。世界の約80%のバニラはマダガスカルで栽培されています。ジボダン社は長年にわたり、マダガスカルにおいて現地の農家と直接的なつながりを保ち続けています。世界有数のバニラビーンズの購入者として、当社はマダガスカルの人々とその未来に尽力しています。 Givaudan Foundation(ジボダン財団)では、幅広い様々なプログラムを通じて、現地の農家を支援しています。これらの活動により、彼らのビジネスを持続させ、お客様に最高品質のバニラを供給します。

ジボダン社は、世界中に皆から愛されるフレーバーを届けるために、バニラ農家のコミュニティを支援しています。

Watch the video
Component content

マダガスカルでの活動の一部をご紹介します

マダガスカルの合弁事業
Component content
Local villagers partnering with SOMAVA

SOMAVA: マダガスカルの合弁会社

SOMAVAは、当社の長年のパートナーであるHenri Fraise社との共同プロジェクトです。当社の生産や流通に関する専門知識と現地のノウハウを融合し、バニラ製造の複雑なプロセスを簡素化する活動を行っています。当初は14の村を中心に活動していましたが、現在、SOMAVAは31の村で3,100人以上の有機バニラを取り扱う農家と連携しています。SOMAVAでは、マダガスカルの森林再生プログラムの活動を行い、2013年からカーボンニュートラルを実現しています。

生産性向上のための提携

ジボダン社は、認証を受けた現地のバニラ生産者との連携を通じて、バニラの栽培、収穫、キュアリング(乾燥熟成処理)の完全な管理を実現してきました。生産者と協力して、収穫量と品質を向上させ、トレーサビリティーの確保された認証済みのバニラを直接、責任をもって供給することで、これからのお客様への供給を確保しています。認証を受けた農家にとっても、彼らが生産したバニラの市場が確保されていることは安心感があります。また、生産者とその家族は地域開発プログラムによる恩恵も受けてきました。

適正な農業の実践
Component content

適正な農業の実践

当社の取り組みのひとつとして、「適正な農業の実践」の発行があります。この冊子は、農家の人々の専門的な意見を取り入れながら、これからの世代のバニラ生産者の参考資料になるように作成されました。新しい改訂版では、EUが発行した以前の出版物をベースに、SOMAVAのノウハウに基づいた新しい手順や方法論が盛り込まれています。ジボダン社は、当社のネットワーク内のすべての農家にこの冊子を贈呈しました。

このプロジェクトに限らず、当社の使命のひとつは、知識を共有し、農家のネットワークを広げ、継続的な成長の精神を育むことだと考えています。

We are partnering with 3,100 organic vanilla farmers and families in Madagascar

地域社会のための持続可能性
Component content

地域社会のための持続可能性

当社の農村開発プログラムは、Givaudan Foundation(ジボダン財団)を通じて、ともに働く人々の生活の向上を目指しています。2011年からは、フードセキュリティ(食料安全保障)の確立に重点を置いています。また、稲作強化システムでは稲作農法を強化することで、年間500軒以上の農家が年間収穫量を増やすことができました。

教育もまた、積極的に支援している分野です。学校の建設や改築、家具や教材の提供など、地域の教育インフラを改善することで、子供の健全な教育に対し直接貢献しています。これまでにジボダン社が建設や修繕、メンテナンスに携わった学校は30校に上り、4,500人以上の子供たちに学びの場を提供してきました。

また、衛生と健康も重要な役割を担っています。当社はすでに2つの保健センターを建設し、年間1,000人の患者に医療サービスを提供するとともに、70の井戸を建設し、約11,000人のマダガスカルの村人にきれいな水を提供しています。また、Givaudan Foundation(ジボダン財団)のプログラムとして、養蜂、畜産、家庭菜園などの代替収入源を促進しており、約600人の村人が指導を受けています。

Building schools in Madagascar

ジボダン社では、世界中で愛されているフレーバーの未来は、それを栽培する人々にかかっていると考えています。ジボダン社のマダガスカルでの取り組みは、ジボダン社にとって有益であるのみならず、現地の農家やより広いコミュニティに貢献するものであり、現地との積極的な連携によって、全ての人に利益をもたらす格好の例と言えるでしょう。

GIVAUDAN FOUNDATION(ジボダン財団)の詳細はこちら(EN)

経験に基づく知見
Component content

経験に基づく知見

バニラはジボダン社のDNAの一部として、100年以上の歴史があります。当社はその間に、エキスと供給、フレーバー作成、世界の法規、そしてラベル表示についての理解を深めてきました。100人以上のフレーバリストが、年間1,000種類以上の新しいバニラフレーバーを生み出しています。彼らの知見は、世界有数の消費者インサイトとセンソリープログラムによって支えられ、優れたエキスとフレーバーの作成を促進しています。バニラに関するあらゆるニーズについて、ジボダン社にはノウハウや機能、サプライチェーンがあります。

フレーバーをよりよいものへと高めてくれる、バニラエキスの専門性
Flavour creation knowledge enables superior extracts

Extract knowledge enables superior flavour creation

「バニラフレーバーの開発では、単にトップノートの良さだけを追求するのではありません。風味のあらゆる側面を考慮し、それがベースノートとどのように相互作用をもたらすかを検討します。当社の取り組みは、お客様の製品プロファイルを差別化し、すべての人のためにバニラの可能性を広げます。この独自の哲学は、当社のバニラプログラムのあらゆる側面に反映されています」。

ジボダン社のプリンシパル・フレーバリスト、マックス

ビーンズを越えて、バニラ全体のポートフォリオへの充実へ
Component content

ビーンズを越えて、バニラ全体のポートフォリオの充実へ

当社のバニラ製品は、原産地にこだわったバニラから、お客様の製品においてエチルバニリンを代替するためのナチュラルソリューションまで、多岐にわたっています。また、お客様のご要望に応じて、抽出物(液体、濃縮液、粉体)、天然バニラフレーバー(有機バニラ、フェアトレード、コーシャ、ハラル、non-GMO)もご用意できます。

サステナビリティへの取り組み

ジボダン社のサステナビリティへの取り組みは、今日のニーズを満たし、これからのニーズを見つけ出すために社内外で連携し、当社の事業のあらゆる側面を網羅しています。マダガスカルでの活動は、さまざまな意味でジボダン社全体のサステナビリティへの取り組みに当てはまります。これは特にすべての原材料とサービスを人と自然環境にやさしい方法で調達するという、 Soucing4Goodプログラム を通じて実現しようとしている当社の目標とも密接に関連しています。

ジボダン社のバニラの世界について詳しくはこちら

DOWNLOAD OUR VANILLA BROCHURE

このページは、企業間の情報提供を目的としたものです。最終消費者へ情報提供をするためのものではありません。
製品の使用可能性、提供される情報、およびその用途については、各国の適切な規制に準拠していること等を確認する必要があります。