The browser you’re using is no longer supported by our website. Please use Microsoft Edge, Chrome or Firefox for a better browsing experience.

ジボダン社、7つのタンパク質に関する画期的なマスキングソリューションを発表

そして、革新的なスマートツールプログラムを拡大

20 Jun 2019 - 08:00 CEST

フレーバーとフレグランス業界のリーディングカンパニー、ジボダン社は、マスキングソリューションのセレクションとともに新しいスマートマスキングツールを発表しました。これにより、フレーバリストは、植物由来タンパク質のオフノート対策のために高性能ソリューションを素早く活用できるようになります。その結果、植物性タンパク質と味覚成分に関連する、業界最大かつ最も包括的なデータ収集が可能となりました。

ジボダン社の豊富なデータと知見により、6種類の植物性タンパク質(大豆、エンドウ豆、ファバ、米、オーツ麦、藻類、乳製品タンパク質のホエイ)のオフノートに対する総合的なソリューションが可能になりました。このスマートマスキングツールは、ジボダン社が継続的に実施している広範なSmartToolsプログラムを拡張したもので、過去1年半の間にジボダン社の専門家パネルが試行錯誤し、2,000以上の評価を行って作成されました。このようにして得られた豊富な知見をもとに、新しいソリューションが提供されました。

プロテインのオフノートをマスキングすることは、ある成分が特定のオフノートを打ち消し、別の成分を悪化させることがあるため、時間のかかる複雑なプロセスです。また、成分を追加することで複雑さが増す一方で、全体的なコストが増加することもあります。

ジボダン社セイボリー・フレーバー&ナチュラル・イングリディエンツのグローバル・カテゴリーディレクターのフラビオ・ガロファロは、次のように述べています。「代替タンパク質を使用する際に、機能性や食感、味、栄養、コストのバランスをとるためには、食品や飲料に含まれるすべての成分の相互作用を十分に理解しなければなりません。」

「ジボダン社のスマートマスキングツールは、これらのタンパク質を扱う革新的な方法を提供し、タンパク質のサプライヤーやタンパク質の製法に関わらず、製品の味と食感の完全性を保護する技術をフレーバリストに提供します。また、この方法は、製品に含まれるすべての成分に機能を持たせ、ある成分で別の成分を隠し、さらに別の成分を使うという循環を避けることができます。」

 
タンパク質から生じるオフノートに関するあらゆる側面を理解するための基礎研究を行うことで、ジボダン社は今後、新たなフレーバー素材を生み出すことができるでしょう。スマートマスキングツールなどのソリューションは、機能性飲料用に開発されたものですが、その利点はすでに他の用途でも役立つことがわかっています。 特に、この知見を代替肉のソリューションへ応用する作業が始まっています。   

今後、全地域で展開される予定のこれらの新製品は、機能性飲料における植物性タンパク質に関連する風味の課題を解決する上で大きな進展を示しており、また、あまり知られていないタンパク質を使った製品開発の可能性にも光を当てています。


注記
タンパク質への挑戦
タンパク質を多く含む食品のオフノートをマスキングすることは、新しい課題ではありません。開発者は、風味の方向性を変えるために砂糖や塩を使うことがよくあります。しかし、こうした解決策は、消費者が期待する健康的で栄養価が高いという要求とは一致せず、結果として望ましい味を得ることができないということもしばしばあります。
ジボダン社は、一貫して研究と革新に時間を費やしています。過去15年間に開発されたTasteSolutions®をベースにしたフレーバーは、当社がさらに優れたソリューションを提供し続けることを可能にし、素晴らしい風味の製品開発を支援します。

ジボダン社について
ジボダン社は、フレグランスとフレーバー業界のリーディングカンパニーです。食品・飲料・家庭用品・香水のメーカーなどと密に連携し、世界各地のお客様に喜んでいただける味と香りを開発しています。お客様の嗜好を把握したいという情熱と、革新的製品へのあくなき探求心を基に、フレグランスとフレーバー業界のリーディングカンパニーとして「engage your senses(あなたの感性を魅了する)」フレグランスとフレーバーを創り出してきました。2018年の売上高は55億スイスフランに上ります。ジボダン社はスイス本社のほかに、145を超える地域に拠点を構え、従業員も全世界で約13,600名を擁しています。日本市場には1920年代に参入し、1973年にはジボダン ジャパン株式会社を設立、幅広く日本で事業を展開しています。ジボダン社の詳細は、 https://jp.givaudan.com をご覧ください。

ジボダン社フレーバー事業部について
ジボダン社は、地域のフレーバーについての包括的な知見をはじめ、広範なグローバル拠点や戦略的な洞察力により、お客様がどこにいても緊密なパートナーシップを築くことができます。カスタマイズした製品づくりとともに、フレーバー事業部は、新鮮でユニークなアイデアやソリューションにより、お客様や消費者を驚かせるような知見や革新性、創造性にあふれています。また、ジボダン社は、飲料や菓子製品、セイボリー、スナックなどの主要セグメントにおいて、感情を揺さぶるフレーバーと味覚の持続的な体験を創造します。製品の分野が何であろうと、ジボダン社は食品や飲料を美味しくすることに情熱を傾けています。ぜひ、「あなたの感性を魅了」してみませんか。フレーバー事業部についての詳細は、www.givaudan.com/flavours をご覧ください。


本件の問い合わせは
Jeff Peppet, Givaudan Flavours
T +1 513 293 3740
E jeff.peppet@givaudan.com