The browser you’re using is no longer supported by our website. Please use Microsoft Edge, Chrome or Firefox for a better browsing experience.

ジボダン社とビューラー社が提携し、新興企業の市場参入とイノベーションを迅速に実現

  • スイスの大手企業2社が提携し、食品産業の新興企業へのグローバルな顧客アクセスを加速化
  • 開発プログラムでは、スイスのイノベーションセンターを通じて、新興企業に世界をリードする専門知識と技術力を提供します。
16 Jul 2019 - 08:00 CEST

フレーバーとフレグランス業界のリーディングカンパニー、ジボダン社と、食品加工ソリューションのグローバルリーダーであるビューラー社(Bühler)は、スイスにおける食品関連の新興企業による市場参入を促進するために開発パートナーシップを締結したと発表しました。

その目的は、安全で手頃な価格の栄養価の高い美味しい食料を供給するソリューションを提供する新興企業を支援することであり、そのソリューションを世界規模で展開すれば、2050年までに100億人の人々へ食料を供給することに貢献できます。

この新しいパートナーシップを通じて、ジボダン社とビューラー社(Bühler)は、スイスに新しくオープンした世界的なイノベーションセンターで起業家を受け入れ、指導することで、食品の新興企業のための知識や技術力、グローバルなプラットフォームへのアクセスを強化することを目指しています。ジボダン社とビューラー社(Bühler)は、補完的な分野の専門知識を提供することで、新興企業が破壊的な新しいソリューションをスケールアップして商業化するために必要なすべてのサポートを提供したいと考えています。

ジボダン社フレーバー事業部サイエンス&テクノロジーヘッドのファビオ・カンパニールは、次のように述べています。「共同イノベーション戦略の一環として、ビューラー社(Bühler)と提携し、世界的な食糧問題に対処するソリューションを市場に投入することで、食料関連の新興企業の成功を支援できることを嬉しく思います。当社の新しいチューリッヒ・イノベーション・センターは、優れた新興企業が協働し、世界をリードするジボダン社の技術や専門知識等の能力にアクセスするための素晴らしい環境を提供しています。」

特に関心が高いのは、代替タンパク質、持続可能な動物飼料、食品安全、食品偽装、信頼性、食品用天然成分(着色料、保存料)、フレーバー、栄養(特に繊維、糖分、脂肪、塩分の削減)、健康や栄養への効果が証明されている成分、穏やかな加工などの分野におけるソリューションです。

ビューラー社(Bühler社)最高技術責任者のイアン・ロバーツ氏は、次のように述べています。「最近発足したイノベーションキャンパスであるCUBICには、コラボレーションスペース、研究所、技術およびスケールアップ施設があり、ジボダンの新施設を補完しています。当社のグローバルな存在感、販売ネットワーク、デジタルプラットフォーム、そしてブランド力をもってすれば、新興企業企業に他に類を見ないスケールアップのためのパートナーシップを提供できると確信しています。私たちは、スイスが食と農の分野で世界的なリーダーになれると考えており、今回のコラボレーションは、それを実現するための一例だと考えています。」

これは、両社による一連の協働としては最新のものです。ジボダン社とビューラー社(Bühler社)は、成功を収めているスタートアッププアクセラレーターであるMassChallenge Switzerlandの創立メンバーでもあり、EIT Food Accelerator NetworkおよびFuture Food Initiativeのパートナーでもあります。

詳細情報の入手やプログラムへの参加に関心のある新興企業は、givaudan.front_end_innovation@givaudan.com までお問い合わせください。


ジボダン社について
ジボダン社は、フレグランスとフレーバー業界のリーディングカンパニーです。食品・飲料・家庭用品・香水のメーカーなどと密に連携し、世界各地のお客様に喜んでいただける味と香りを開発しています。お客様の嗜好を把握したいという情熱と、革新的製品へのあくなき探求心を基に、フレグランスとフレーバー業界のリーディングカンパニーとして「engage your senses(あなたの感性を魅了する)」フレグランスとフレーバーを創り出してきました。2018年の売上高は55億スイスフランに上ります。ジボダン社はスイス本社のほかに、145を超える地域に拠点を構え、従業員も全世界で約13,600名を擁しています。日本市場には1920年代に参入し、1973年にはジボダン ジャパン株式会社を設立、幅広く日本で事業を展開しています。ジボダン社の詳細は、 https://jp.givaudan.com をご覧ください。

ビューラー社について
数十億の人々が、食品やモビリティの基本的ニーズを満たすためにビューラー(Buhler)社のテクノロジーに接しています。1日当たり20億の人々がビューラー社の設備で製造された食品を食べ、10億の人々がビューラー社の機械で製造された部品を搭載した車で移動しています。数え切れないほどの人々が眼鏡をかけ、スマートフォンやフィットネストラッカーを使い、新聞や雑誌を読んでいますが、これらはすべてビューラー社のプロセス技術とソリューションがなければ成り立ちません。このように世界中に関連を持つ私達は、今日の世界的な課題を持続可能なビジネスに変えることができるユニークな立場にあります。私達は、すべての人々が健康的な食品を入手できるようにしたいと考えています。また、私達は、エネルギー効率の高い自動車や建物、機械によって、気候を保護する役割を果たしたいと考えています。私達のモットーは、「より良い世界のためのイノベーション」を生み出すことです。ビューラー社は、売上高の最大5%を研究開発に投資しています。2018年には、13,000人以上の従業員により33億スイスフランの売上高を上げています。スイスの家族経営企業であるビューラー社は、世界140カ国で事業を展開し、30の生産拠点からなるグローバルネットワークを運営しています。詳しくはこちら
https://www.buhlergroup.com/content/buhlergroup/global/ja/homepage.html


本件の問い合わせは
Aleksandra Mrsa, Communications Manager Givaudan
T +41 44 824 2328
Ealeksandra.mrsa@givaudan.com

Burkhard Böndel, Head of Corporate Communications Bühler AG
T  +41 71 955 3399
M +41 79 515 9157
burkhard.boendel@buhlergroup.com