engage your senses

成功を共有するためのパートナーシップ

今後5年間にわたり、持続可能で責任ある成長を実現する上で、パートナーシップは極めて重要です。主なステークホルダーグループとの真のパートナーシップの醸成に力を入れていきます。

 

成功を共有するためのパートナーシップ

 

主なステークホルダーと連携して、成功の共有と持続可能な未来を実現​

急速に変化する社会にあって、革新的なソリューションをお客様に提供し、長期的な責任ある成長していく上では、強固なパートナーシップが必要です。

こうした成功の共有を実現するため、今後、イノベーター、社員、サプライヤー、そしてジボダン社が事業を行う地域コミュニティと連携していきます。主なステークホルダーから選んでいただけるパートナーになるため、ジボダン社は主要なステークホルダーと成功を共有します。

  • 業界でも最大規模のイノベーション投資を続け、戦略的パートナーとのネットワークの拡充を図るとともに、天然成分と官能、化粧品分野の能力を増強します。
  • 人材育成への投資にも力を入れて、社員が各自の世界に影響を及ぼし、かつ、ジボダン社の成功に貢献できる素晴らしい職場づくりを進めていく方針です。
  • サプライヤーと協力して、責任ある調達の取り組みを強化しつつ、供給リスクとコストの管理を最適化し、フレーバー、フレグランス、化粧品有効成分の生産に使用する最上の原料を確保する体制を整えます。
  • 地域コミュニティの社会/経済構造の強化を図りながら、環境に及ぼす影響をできるだけ少なくすることに対し、自発的に責任を負います。

4
4
2
イノベーター
社員
サプライヤー
地域コミュニティ

 

ジボダン社の伝統は、革新的な取り組みに注力することにあります。これはジボダン社が市場リーダーとしての地位を確立した大きな要因であり、今後の事業の原動力としても位置づけられるものです。世の中の変化するスピードが加速するなか、フレグランスとフレーバー業界で革新的な取り組みを主導するリーダーになるという目標を達成するうえで、パートナーシップは重要な役割を担います。お客様の期待をよい意味で裏切る、優れた持続可能なソリューションを引き続き提供すべく、革新的な取り組みに向け、より協調的かつ包括的なアプローチを模索しています。

そのために、今後は学界、新興企業、先端技術企業、研究機関など外部プレーヤーとの戦略的に革新的なパートナーシップの拡大に注力していきます。ジボダン社の専門分野の壁を超え、革新の文化を広めることは心躍る取り組みです。また、パートナーが協調して、プロジェクトのパイプラインを構築することは、長期的な関係を深める機会になると考えています。

さらに、お客様に対する影響力の大きい分野に的を絞った革新力の強化も図ります。社内でオープンイノベーションを推進し、事業全体の様々な分野の社員からアイデアを募ります。新しいソリューションの設計にあたっては常に人間と環境の安全を優先させます。科学技術ポートフォリオの管理にあたっては、大きな可能性のあるプロジェクトを優先し、重点的に投資を行い、研究成果を注意深くチェックする方針を掲げています。

フレーバーにおけるイノベーション​

フレーバー部門では、より全組織的に革新力の強化を図りながら、製品と技術の革新を図る経営資源を規律正しく、重点的に活用します。また、協調的革新に積極的に取り組み、これを重んじる文化を構築していきます。さらに、天然成分や健康とウェルネス、総合的なソリューション、プロテイン関連技術などの分野にまたがり、幅広い先端技術企業やソリューション企業と革新的なパートナーシップを図る企業として、認知度を高めていきます。

フレグランスにおけるイノベーション​

フレグランス部門では、ジボダン社のパフューマーがお客様を魅了するフレグランスを生み出すことができるよう、最上の原料を確保します。また、ヘアケア、パーソナルケア、ファブリックケアに対する消費者の選好の変化のみならず、規制基準の変更にも対応した製品の提供ができる、次世代のシステムの開発も進めます。化粧品有効成分の品揃えの充実も、イノベーションチームの主な業務となるでしょう。

  

 

世界各地で働く9,500人以上の社員をジボダン社は大切にしてきました。そして、今後も大切にしていきます。社員は毎日、仕事に情熱とエネルギーを注ぎ込んでいます。社員が自らを自律的に高め、かつ、ジボダン社の成功に貢献することのできる素晴らしい職場づくりが、新戦略を推進する上での重要な要素です。

長期間にわたり競争力を維持していくためには、ずば抜けて有能な人材の確保が不可欠です。複数の世代が混在する社員のニーズに対応しながら、優秀な人材を呼び込み、つなぎとめるため、今後は、俊敏性と協調性を兼ね備えた人材の確保を図ります。

社員の専門的能力開発をサポートすることで、社員が成長し、自分の得意領域を作り、お客様と連携して成長をもたらす実力をつけたと実感することのできる環境を整えます。この環境は、健康で、安心でき、職場内外での責任ある行動を奨励するものでなければなりません。環境問題や社会問題への企業の対策に社員の関心が高まるなか、お客様や、消費者、地球に対しプラスに作用するよう、引き続き新入社員も含め全社員で取り組みます。

  

 

サプライヤーは製品に使用する原料の調達に不可欠なパートナーであり、その大規模なネットワークとの関係強化はきわめて大切です。事業の収益性を確保するため、この分野で強固なパートナーシップを確立することが必要とされます。そして何より、パートナーシップを通じ、ジボダン社のフレーバリストとパフューマーは製品の差別化に必要な最上の原料のラインナップを提供することができます。

世界的に天然資源が減少し続けていることから、サプライヤーと共同して、長期にわたり製品に用いる貴重な原料を供給し続けるという、革新的な取り組みへの必要性が一層高まってきました。お客様は、サプライチェーンの透明化の向上と責任の強化を求めており、引き続きサプライヤーと協力して可視化の実現に取り組みます。

今後5年にわたりサプライヤーとの関係を深化させて、競争優位性を獲得し、お客様の期待に最も適う、責任ある調達で業界をリードできる、差別化された調達モデルを実現します。

サプライヤーとの連携に一層重きを置き、革新的な新製品と技術を創出し、人を魅了するフレーバーとフレグランス、化粧品有効成分で引き続き市場ニーズに対応します。

  

 

ジボダン社のビジョンにしたがい、よりよい明日のために鋭意努力を重ねながら、私たちが今日行う選択の影響を受ける将来世代のためにも、事業を展開し、原料を調達する地域コミュニティの社会/経済/環境構造の強化と改善を図ることを約束します。

約束を果たすため、今後5年間にわたり、世界各国の現地プロジェクトと地域コミュニティのチャリティー活動を支援していきます。ジボダンのグリーンチームズ(現地のサステナビリティ活動を推進する、部門横断的な専任チーム)の幅広いネットワークを通じ、地域コミュニティの新規環境/社会的プロジェクトや社内の新規環境効率性向上プロジェクトを育てていきます。

地球を守るという目標を達成するため、増産を図りながらも、環境への負荷の増大を防ぎます。そのため、環境効率性の向上の目標を高めてきました。また、カーボンフットプリントと廃棄物排出量、エネルギー消費量、水使用量を2020年までにさらに削減する方針です。

> 環境効率性向上の明確な目標 (English)