engage your senses

ジボダン ジャパンが役員の異動を発表

17 Apr 2018

代表取締役社長およびフレーバー部門トップが交代―日本のフレーバービジネスへ革新をもたらす新たな取り組み。

ジボダン ジャパン株式会社(東京都品川区、代表取締役社長:ピーター・ツィンク)は、この度、主要な役員の異動が行われたことを本日発表いたしました。

前代表取締役社長 ファブリツィオ・ラホの後任には、ジボダン ジャパン前ファイナンス ディレクターのピーター・ツィンクが就任し、引き続き、ファイナンス部門管掌としても業務を行ってまいります。同氏は、これまでヨーロッパのジボダン社とジボダン ジャパンにおいて上級管理職を歴任してきましたが、これからは部門を超えたリーダーシップを発揮し、マネジメントを変革してまいります。

また、ジボダン ジャパン前セールスディレクターの増本 聡が、取締役副社長に昇格し、フレーバー事業部門管掌として事業を統轄してまいります。同氏は、国内における堅実な実績やフレーバーの深い見識に加え、グローバルに展開するジボダン社が開発する革新的な手法を生かすことにより、今後も消費者が望む味をお届けしてまいります。


ジボダン社について

ジボダン社は、フレグランスとフレーバー業界のリーディングカンパニーです。食品・飲料・家庭用品・香水のメーカーなどと密に連携し、世界各地のお客様に喜んでいただける味と香りを開発しています。お客様の嗜好を把握したいという情熱と、革新的製品へのあくなき探求心を基に、フレグランスとフレーバー業界のリーディングカンパニーとして「engage your senses(あなたの感性を魅了する)」フレグランスとフレーバーを創り出してきました。2017年の売上高は5,051百万スイスフランに上ります。ジボダン社はスイス本社のほかに、100を超える地域に拠点を構え、従業員も全世界で11,100名を超えます。ジボダン ジャパン株式会社は1973年の設立以来、数十年にわたり日本で事業を展開しています。ジボダン社の詳細は、https://jp.givaudan.comをご覧ください。

ジボダン社のフレーバー事業について

ジボダン社は、各国の様々なフレーバーについての幅広い知識とグローバルな拠点、戦略的な洞察力により、世界中のお客様と緊密なパートナーシップを結んでいます。フレーバー事業部は、それぞれのお客様に合わせた取り組みにより製品を創造し、新鮮な独自のアイデアとソリューションによってお客様や消費者を驚かせる知識やイノベーション、創造のための原動力を備えています。ジボダン社は、飲料、菓子、セイボリー、スナックなど主要分野全般にわたり、持続するフレーバーと味覚体験を創造しています。そして人々に感動をもたらし、製品分野にかかわらず、食品と飲料をおいしくすることに情熱を傾けています。「あなたの感性を魅了する」体験にお招きします。フレーバー事業部の詳細は https://jp.givaudan.com/flavours をご覧ください。


本件の問い合わせは

ジボダン社PR担当:株式会社インベスター・インパクト
トーマス R.ゼンゲージ
T :03-6417-4930(日本語可)
携帯 : 080-4599-5007
E thomas.zengage@investorimpact.com

井ノ口 裕子
携帯 : 090-4944-3409
hiroko.inokuchi@investorimpact.com