engage your senses

ジボダン社、Vika社を買収

20 Jul 2017

ナチュラル素材による乳製品ソリューションのグローバル展開を強化

ジボダン ジャパン株式会社(東京都品川区、代表取締役社長:ファブリツィオ・ラホ)は、フレグランスとフレーバー業界のリーディングカンパニー、ジボダン社(スイス)が、ナチュラル素材による乳製品ソリューションのラインナップ強化を目的として、Vika B.V.(以下「Vika社」)を買収すると発表しました。

Vika社は、ナチュラルの乳製品原料をはじめ、フォンおよびストック(ブイヨン)、肉および野菜ベースのエキスといった幅広い製品を食品飲料企業に提供しています。 オランダに本社を置く同社は、ベルギー、イギリス、ニュージーランドにも拠点を持ち、全世界で200人以上の従業員を有しています。

ジボダン社CEOのジル・アンドリエは、次のように述べています。

「ナチュラル製品の拡充は、当社の2020年に向けての5か年計画における重要優先事項の一つです。Vika社が有する製品、技術、優秀な人材が加わることで、新たなテイストソリューションを開発する機能および能力が一層強化されます。同社の従業員の皆さんをジボダン社に迎えられることを嬉しく思います。同社の業界専門知識は、既存の顧客のみならず新たな顧客との関係を力強く後押ししてくれるものと期待しています。」

フレーバー部門プレジデントのマウリツィオ・グレーバーは、次のように述べています。

「セイボリーと乳製品は、100%ナチュラル原料であることが大事だと消費者に思われている分野であり、これら2つの分野の製品の強化は当社の目指すところです。Vika社の専門知識は、ナチュラル原料の抽出・発酵・濃縮に関する当社の伝統と知識を補完するものであり、そうした専門知識を活用していくことで、両社に新たな市場機会がもたらされると期待しています。」

買収条件は非開示ですが、Vika社の事業により、ジボダン社の2016年の売上高は概算で約64百万ユーロ増加する計算となります。ジボダン社は今回の買収を手元資金で行う計画です。買収計画は反トラスト当局からの正式な承認を待っており、買収は2017年後半に完了する見込みです。


ジボダン社について

ジボダン社は、フレグランスとフレーバー業界のリーディングカンパニーです。食品・飲料・家庭用品・香水のメーカーなどと密に連携し、世界各地のお客様に喜んでいただける味と香りを開発しています。お客様の嗜好を把握したいという情熱と、革新的製品へのあくなき探求心を基に、フレグランスとフレーバー業界のリーディングカンパニーとして「engage your senses (あなたの感性を魅了する)」フレグランスとフレーバーを創り出してきました。2016年の売上高は4,663百万スイスフランに上ります。ジボダン社はスイス本社のほかに、95を超える地域に拠点を構え、従業員も全世界で10,000名を超えます。ジボダン ジャパン株式会社は1973年の設立以来、数十年にわたり日本で事業を展開しています。ジボダン社の詳細は、 https://jp.givaudan.com をご覧ください。

ジボダン ジャパン フレーバー事業部について

1970年創業のジボダン ジャパンは、東京都心に立地する業界最高水準の技術センター兼オフィスを拠点に事業を展開しています。総床面積4,000平方メートルのこの拠点には、研究部門、営業・マーケティングおよびサプライチェーン機能が集約し、調香研究、応用研究、フレーバーサイエンス、官能評価など、ジボダン社のあらゆる技術サービスを提供しています。ジボダン ジャパン フレーバー事業部の詳細は、https://jp.givaudan.com/flavoursをご覧ください。

Vika社について​

Vika社は40年以上にわたり、食品原料の分野でグローバルに事業展開してきました。事業拠点は、エーデ(オランダ)、ハイアム・フェラーズ(イギリス)、マースメヘレン(ベルギー)、オークランド(ニュージーランド)にあります。乳製品原料、フォン、ストック(ブイヨン)、野菜エキスを専門にし、キウイエキスなどの特殊な成分も扱っています。

Vika社は、調理済み食品やスープなど、カリナリー製品向けの上質なベースを製造しています。これらの製品は、着色料や香料、保存料などの添加物を用いず、肉・魚・野菜由来のナチュラル素材による乳製品ソリューション素材をもとに作られています。こうしたStocks & Glaces製品は使いやすく、ペースト状および粉末で提供しています。最近開発されたReal Meat Juiceは、Vika製品のクオリティの高さを示す好例で、BRC(British Retail Consortium: 英国小売協会)のAAレベル取得など、高品質を示す各種の品質認証を獲得しています。

乳製品原料は、ビスケット/クラッカー、ポテトチップス、ソース、ピザ、パスタ、インスタント食品などのセイボリー製品用に作られています。Vika社は、チーズパウダー、EMC(酵素処理チーズ)、ブレンド、およびプロセスチーズの製造において、持続可能な技術および原料を使用していることで高く評価されています。

顧客との緊密な連携、(R&D)プロジェクトの迅速な実施、実用化支援、そして体系的な顧客サービスの提供を通して顧客ニーズに応えていくことで、世界中に長期的な関係を築き上げてきたことがVika社の誇りです。

株式は非公開で、従業員数は200人以上。経営者のたゆまぬ努力とビジョンにより、ゼロの状態から現在の規模にまで成長を遂げました。フレーバー業界のリーディングカンパニーであるジボダン社の一員として、今後は、Vika社の顧客と従業員に新たな機会を創造していきます。

Vika社の詳細は、http://en.vika.nl/(英語)をご覧ください。 


本件の問い合わせは

ジボダン社PR担当:株式会社インベスター・インパクト
トーマス R.ゼンゲージ
T :03-6417-4930(日本語可)
携帯 : 080-4599-5007
E thomas.zengage@investorimpact.com

安田 乃利子
:03-6417-4936
携帯 : 090-5802-1207
noriko.yasuda@investorimpact.com