engage your senses

アジア太平洋地域のクリエイティブ活動のためのコラボレーション空間

クリエイティブなチームの力を最大限に発揮するために、シンガポールにジボダン社のクリエイティブセンターが新設されました。

多くのクリエイティブな人間にとって、適切な職場環境に身を置くことは芸術的成果とインスピレーションの促進に大いに役に立ちます。そのような考えから、ジボダン社の新しいシンガポールクリエイティブセンターが計画されました。ジボダン社の世界の、そして各地域のフレグランスの大切なお客様にサービスを提供するために建設されたものですが、同時にセンターの最先端の構造はアジア太平洋地区のフレグランスチームの創造性を育み、ダイナミックな交流を促す意図を持って設計されています。

「この新しい建物の構造には創造性という文化が織り込まれている」、とアジア太平洋地域フレグランス担当チームを率いるジェレミーは説明します。「実際に交流とコラボレーションを設計者たちの検討要件としたため、建物の設計に多大な影響を及ぼしました。結果として、この新しいクリエイティブセンターは「エレベーターがない」設計になったほどです。それはやり過ぎだと思われるかもしれませんが、実際、階段の吹き抜けや、建物内に伸びた自由に行き来できる通路では会話が生まれ、人と人の距離がぐっと近づいています。」ジェレミーはさらにこう続けます。「オープンプランの開放的な環境の中で、パフューマーと開発チーム間のやり取りがより活性化され、共有や交流を促進しています。一方で、専用のプライベートなスペースもあり、そこではお客様が安心して機密プロジェクトの協議や検討を行うことができます。新しい建物は、オープンな企業文化を軸に、クリエイティブ活動と営業業務の双方に特有なニーズに対応し、用途に適した作りになっています。非常にモダンで魅力的な美しい空間は、チームが実力を発揮できる場となっています。私たちがチームに最高のものを提供すれば、チームも最高のものを作ることができます。」

 

 

  

各地域やグローバルのお客様に、すばやく充実したサービスを提供​

クリエイティブセンターができたことで、この施設がジボダン社のグローバル「規範」の水準を満たすようになるだけでなく、特に納期が短縮されることによって、大手のグローバルなお客様や、各地域のさまざまなお客様との関係の最適化が図れます。ジェレミーは次のように語ります。「当社のローカルなお客様もグローバルなお客様も、当社の最先端の技術と最適化された作業空間の恩恵を受けています。パフューマー、評価担当者、マーケティングおよびセールス担当者間のコラボレーションの効率が上がることで、より多くの時間を消費者や市場の把握に集中させることができ、対応スピードが向上します。中には、このダイナミックな地域で機会を掴もうと、業務スピードが非常に速いお客様もいらっしゃるのです。」

「やり過ぎだと思われるかもしれませんが、新センターにはエレベーターがありません。階段を配置し、人が自由に行き来できる内部設計により、交流が促進されています。」

   

学び、飛躍するための空間​

このセンターの重要な機能の1つは、最先端のパフューマリースクールのキャンパスです。ヨーロッパ外では唯一のパフューマリースクールで、68年の歴史を持つパリの本校を極めて現代的にした学校です。この新設のエリート校の学生たち(今年の入学者はわずか2名)は専用の研究室と部屋を持ち、ジボダン社の日常業務の喧騒から離れた場所で創作を行っています。

バイスプレジデントパフューマー兼アジア太平洋パフューマリースクールアンバサダーのクロードは、こうしたアプローチの重要性を次のように語ります。

「学生はまだ実務にかかわっていません。4年間の厳しい実習を受け、勉強して技術を磨く場所が必要です。パフューマー実習生は自分たちの研究室で静かに作業することが認められているため、調香の基礎の習得に集中できます。調香の基礎、それは、創作活動を開始する前に知っておくべき1,000以上もの原材料をすべて記憶することから始まります。」

Perfumery student
パフューマリースクールの学生ソムナス

クロードは、カリキュラムにおいてもインタラクティビティがコアとなる理由をこう語ります。「シンガポール校の学生は、象牙の塔に隔離されているわけではありません。パリの学生と交流を図ることになっています。定期的なビデオ会議で互いに「顔を合わせる」予定ですし、3年目に予定されている12カ月間の交換留学の準備も行っています。カリキュラムは徐々によりインタラクティブになっていき、プログラム終了時には、結束力の強い、高度な技術を持つパフューマーチームになり、仕事を始めるときには、世界中から協力し合えるチームになっているでしょう。」

こういったクリエイティビティを奨励する強い姿勢は魅力的な企業体質であり、それはこの先、新しい才能をジボダン社に引き寄せてくれるだろうとクロードは信じています。「新センターはたくさんの取材を受けています。パリの学校に興味を持っていた学生を、今は故郷に近いところで受け入れられるようになったことを嬉しく思います。文化的な香りの嗜好を理解できることは、パフューマーの能力の1つです。この地域出身者の才能を育成することで、地元の学生にこの素晴らしい業界で飛躍するきっかけを提供するだけでなく、お客様のニーズを十分に理解してこの地域のお客様にサービスを提供していきたいと考えています。」