engage your senses

シンガポールの戦略的キャンパスがアジアにおける創造性を高める

ジボダン社のパフューマリースクールは、戦略的な「香り」作りに取り組んでいます。パリにあるジボダン社のパフューマリースクールのシンガポールキャンパスであるこのスクールは、当社の未来のパフューマーの育成で欠かすことのできない役割を果たすと同時に、アジア太平洋地域のお客様にとって重要な拠点となります。

ジボダン社のパフューマリースクールは、戦略的な「香り」作りに取り組んでいます。パリにあるジボダン社のパフューマリースクールのシンガポールキャンパスであるこのスクールは、当社の未来のパフューマーの育成で欠かすことのできない役割を果たすと同時に、アジア太平洋地域のお客様にとって重要な拠点となります。

古くからの香辛料貿易ルートの中心で、世界的に知られる最高級のシナモンやナツメグ、コショウ、クローブなどの取引の要衝とされてきたシンガポールは、当社が誇る最先端のキャンパスのロケーションとしては最適です。このスクール専用の建物にエレベーターがなく、階段しかないことは有名で、これはあらゆる場面で人と人との接点や和やかな雰囲気が演出されるよう、あえて設計されたものです。この協調の精神はお客様やパフューマー、優秀なパフューマリースクールの生徒の間でも浸透しており、彼らはここを自宅のように感じています。

,

  

戦略的パートナー

シンガポールキャンパスは、パフューマリーの学校としては欧州以外では唯一の存在で、世界的な観点から、パリのパフューマリースクールの戦略的パートナーとして位置づけられています。ここはパリのパフューマリースクールの入口でもあり、生徒は1年間の交換留学を行い、フランスや欧州の風景、音、匂いにどっぷりと浸り、仲間やチューター、同僚と共に様々な経験をします。

同様に、パリ校からも生徒が選抜され、シンガポールキャンパスで1年間の留学を行います。多くの生徒にとって、これはまったく異なる文化に自らの身を置き、アジア太平洋の果実や草花を経験する機会となります。どちらのスクールの生徒にとってもこれは同様にエキゾチックな経験であり、世界トップクラスのパフューマーになるためのこのハードな訓練をさらに充実させるために意図された、刺激的な文化的・学術的な交流プログラムです。

,

  

現地市場の洞察

パフューマリースクールの生徒であるアリシアは、忘れられない経験だったと語っています。

「これまでにシンガポールキャンパスで扱ったフレグランス、匂い、素材のお陰で、私の香りのアイデアの蓄えはとても豊かになりました。私はシンガポールで育ち、地域の数々の匂いや植生について経験や知識がありますが、私が生まれてからずっと慣れ親しみ、大好きな土地の匂いの多くは、パフューマリーの世界で広く使用されているものではありません。このような経験とインスピレーションを創作の解釈に入れられるということは大きな特権です。」

ジボダン社がアジアに存在するということは、世界各地のお客様や欧州のお客様が現地市場の洞察に直接アクセスし、現地で調達した原材料の豊富なパレットを活用してイノベーションを図ることができることを意味しています。すべてのお客様が、いつでも様々なアイデアで迅速かつ的確に対応することができる世界的なパフューマーが揃う世界クラスのパフューマリースクールの恩恵を受けることができます。