engage your senses

香り高いフレグランスを調合する

ジボダン社のパフューマリースクールは伝統とイノベーションの完璧なバランスを保ち、伝統的な習得技術と最先端のツールとテクノロジーの両方が活かされています。

ジボダン社のパフューマリースクールは、これまでに数々のマスターパフューマーを輩出してきました。そして、この分野の職人技と伝統を今の世代に伝え、新たな手法を開拓し、新しい発想を与えて続けています。  

Fragrance decanters

パフュームの愛情を広める​

ジボダン社のパフューマリースクールは、この分野の学校としては世界初のもので、1946年に開校しました。本スクールは、今日のフレグランス市場で活動するパーフューマーのおよそ3分の1を育成したと言っても良いでしょう。卒業生は引き続き当社クリエイティブセンターでそれぞれの技能を磨き、世界的な一流デザイナー、有名なブランド、世界中のコンシューマー製品のメーカーにその技巧を提供しています。

歴史、配合の秘訣、原材料、研究のすべてが揃っているこのスクールは、ジボダン社の心臓部です。独自の伝統と最強の人材が学びを強化し、インスピレーションと未来の希望を与えながら生徒に新たな着想を促す環境が整えられております。

,

 

大胆な新ビジョン​

このスクールは、先読み的な学習アプローチを採用し、創造的なイノベーションを特に強調しています。香りは記憶や経験、文化と強く結びつくため、多文化交流がカリキュラムの重要な要素となっています。2015年のシンガポールキャンパスの開校は、この点で多くのメリットをもたらしました。現在では両キャンパスの生徒はお互いの考えを共有し、自分の世界を広げ、アジア市場についての理解を深めることが可能です。

駆け出しのパフューマー全員が、1つの4年制カリキュラムに従います。まずは、原材料の理解を深め、約500種類の材料を記憶することに集中します。次に、各種の草花であふれるスクール農園で実地研修を行い、その後、その素晴らしい匂いの再現を研究室で試みます。カリキュラムの次の段階では、基本的な香りのアコードを調合する学習と標準的なフレグランスの分析を行います。また、国際的なインターンシップ、メンター制度、ラベンダーのプロバンス地方やミモザのモロッコなど、材料の主要生産地への視察旅行などもカリキュラムの一環となっています。生徒の中には、パフューマリーとその他の芸術(オペラ、バレー、演劇、展覧会など)との接点を見出す人もいます。

この素晴らしい4年の経験を通じて、生徒は先輩パフューマーから直接学び、この特殊なキャリアを通じて学び取るべき専門的スキルを習得します。

Calice Becker, Director of the Perfumery School

「このスクールで働き、自分の知識や情熱を新しい世代のパフューマーと共有する機会が持てることは恵まれていることだと思います。私にとって創造とは、予想外のことを受け入れる芸術です。私は、先輩や仲間から学ぶだけでなく、自身の限界を押しあげ新しい方向性の探求も行うように、生徒を促しています。」

パフューマリースクール校長兼VPパフューマー、カリス・ベッカー

    当校では、ファインフレグランスを評価して洗練させることの重要性を理解しており、ジボダン社のフレグランスエバリュエーターの訓練に特化した集中社内プログラムも開設しております。これにより、当社のパフューマーやクリエイティブチーム、そして結果としてお客様のお役に立てるでしょう。

    ,

     

    インタラクティブに習得する

    当校では、カスタマイズ型のAI搭載ツール「Carto」など、最先端テクノロジーを活用し、パフューマーの創作活動の最適化に役立てています。天然の合成成分は、視覚的なアプローチを採用することで、従来のサンプリング手法よりもずっと短時間で、インタラクティブに合成することが可能です。

    > 調香の未来を象徴する新しいAIツール

     

    #FutureOfPerfumery

    この刺激あるキャリアパスに対する関心の高まりを受けて、当校では希少な定員に対して、入学志願者が年々増加傾向にあります。選抜された生徒は世界各地から来ており、そのバックグラウンドも様々です。自然からインスピレーションを受けて入学する人もいれば、芸術家や科学者もいます。いずれにしても、香りと嗅覚に魅せられた人たちばかりです。この熱意あふれるパフューマーたちの中から、いずれ私たちが恋に落ちるフレグランスを作ることとなるパフューマーが生まれるのです。