engage your senses

新鮮なアプローチ

ニューヨークの厨房から長崎県のレストランに至るまで、ジボダン社は数多くのチキンフレーバーの微妙な違いを理解して、考えられるかぎりで最も自然で、芳醇かつ本物感のあるフレーバーを見出し、作り出すための食の探求に数十年を費やしてきました。

Chicken

チキンストック、チキンスープ、チキンブイヨンからグリルドチキン、フライドチキン、ボイルドチキン、ローストチキンに至るまで、当社はチキンフレーバーの世界を探求し、4大陸の世界を代表するシェフや、14ヵ国の7,300人の消費者と対話してきました。科学技術とテイスト・エッセンシャルズ(TasteEssentials®)プログラムに大型投資を行い、より優れた新原料を生み出し、こうした新原料を組み合わせることにより画期的なチキンフレーバーを世に送り出しています。 いずれも、鶏肉らしさや鶏肉の特徴的な性質と香りを取り込み、世界中の各市場に合わせたフレーバーです。

    消費者の間では、食の健康志向が高まる一方です。これを受けて、当社ではナトリウム含有量を減らし、アレルゲンフリー、クリーンラベルの天然のソリューションを原料のラインナップに加えています。健康に対する関心と同様に、 「グッドバリュー」もまた消費者のライフスタイルとして重視されるようになってきました。鶏肉をメインに使った料理は、外食、内食を問わず相変わらず経済的で、高タンパク低脂肪な人気のメニューです。鶏肉を使った総菜・インスタント食品や鶏肉料理用の調整品も、世界的に人気があります。

    消費者の選好は地域や市場により大きく異なることから、当社では原料の開発段階にコンシューマーアンダースタンディング&インサイトチームが深く関与しています。また、当社のフレーバークリエーションチームやお客様が、その地域で成功する確率の高い組み合わせを判断する際に役立つ独自のフレーバーの手引きを作成しています。これによりお客様のブランドとその利用者のニーズを踏まえて、競合製品がひしめき合う市場でも際立つ、現地の文化に合った鶏肉製品を開発することが可能になりました。