engage your senses

2,200種類のストロベリーフレーバーをはじめとする充実したコレクション

時代のニーズをとらえるには、時に準備を整え機敏に行動する必要があります。そして時代のニーズを上手くすくい上げることができれば、ジボダン社も、お客様も、消費者も、全員が幸せになることができます。ジボダン社のコレクションは、食と消費者の最新トレンドを取り込み、店頭に並んだ瞬間にインパクトを与える特徴的なフレーバーを生み出すことに焦点を当てた、「今のこの場」をとらえる当社の手法です。

Strawberries

万人向けのものなど存在しない​

ジボダン社のコレクションでは、特にコアなフレーバーに注力しています。それは消費者が昔から人気のあるフレーバーに新しいインスピレーションを求めるなか、こうしたフレーバーが常に進化を遂げているからです。スイーツの良い例が、以前進めていたストロベリーフレーバーの重点的な開発です。ジボダン社のストロベリーフレーバーの種類は約2,200種類にも上ります。 最近の消費者は、自分で選んだお好みのブランドで個性を演出するようになり、より多くの選択肢とバラエティの豊かさを楽しむ傾向にあります。今や舌が肥え、バランスのとれた、昔ながらのストロベリーフレーバーを喜んでいたのは過去の話です。 今人気があるのは、フレッシュな風味、爽やかで自然な風味、「ジャムのような」風味です。

    そのため、お客様から「ストロベリー」のご要望があれば、「その製品は男性向けか、女性向けか」、「対象はファミリーか、子供だけか」、「パン・焼き菓子類であれば、焼き上がりの風味を強くする必要があるか、あるいは、乳製品であれば、フレッシュな風味がよいか」などの質問をさせていただき、ジボダン社のコレクションの中から可能性を探ることができます。ジボダン社のコレクションならば、お客様はこうした質問に答えるだけでよいので、とても手軽です。あるフレーバーが流行しているときでも、微妙に異なるフレーバーを豊富に取り揃えているため、お客様は自社製品の差別化を図ることができます。ジボダン社のコレクションは、何より「万人向け」という考えを一掃する存在です。

    当社の探求力

    ジボダン社は2014年に、ピーナッツフレーバーの新たな方向性を求める業界のニーズをきっかけに、北米でピーナッツ・コレクションをスタートさせました。 チェリー・コレクションも、桜で有名なミシガン州でのテイスト・トレック(TasteTrek®)の後、2014年一年をかけて開発されました。普通であれば経験上、甘いマラスキーノ・チェリーかダークチェリーを含め、チェリー・フレーバーの「グループ」は基本的に2つと想定するでしょう。ところが、テイスト・トレック(TasteTrek®)を実施した結果、ミシガン州だけでも22種類のチェリーフレーバーがあることが判明したのです。それゆえに、お客様がチェリーフレーバーを飲料、乳製品、スイーツ、セイボリーに使用すれば、消費者は全く新しい方法でチェリーを堪能することができるようになります。

    リンゴの魅力​

    フレーバー事業部が、ジボダン社のコレクションで幅広い選択肢を実現できるのは、結局のところ自然のお陰です。ジボダン社のコレクション(Givaudan Collections)アップルズの充実した品揃えが、それをよく物語っています。今日知られているリンゴの品種は世界で7,500種類、そのうち2,500種類が米国にあり、100種類が商業栽培されています。当社のコレクションは、まだそのレベルにまでは達していませんが、アップル・テイスト・トレック(TasteTrek®)を通じて、世界各地の様々な種類のアップルフレーバーを 試し、飲料を対象に消費者と市場のトレンドに合わせたマッピングをすることができました。消費者は今や、単なる「赤や青い」リンゴのフレーバーを遥かに超えたものを求めています。このような取り組みを展開することで、ふじやマッキントッシュ、ゴールデン・デリシャス、ハニークリスプなどの品種を原料とするアップルフレーバーを、日常的な食品と飲料向けにお届けすることが可能になりました。

    ジボダン社のコレクションの対象は、すべての地域と分野です。これを構成する、トレンド重視のコレクションには、キッズ、メディタレイニアン・フレーバー、スーパーフルーツに加え、ビールまであります。フレーバーを楽しむ新しい方法を社会が探し続けるかぎり、ジボダン社のコレクションは今後も選択肢を広げていきます。