engage your senses

世界で愛されるフレーバー - バニラに「プレーン(簡単)」という言葉は当てはまらない

マダガスカルにおけるバニラの安定供給と労働環境の改善。

バニラは世界中の消費者に愛され、アイスクリームをはじめ、数多くの食品や飲料製品に使われています。「プレーンバニラ」はよく耳にする言葉ですが、芳醇で甘いフレーバーを持つバニラ属の果樹の栽培に、簡単や単純という言葉は当てはまりません。バニラを育て、キュアリング(乾燥熟成処理)することは、時間と手間、専門知識を要する複雑な作業で、世界でも極めて特定の、わずかな地域でしか行われていません。

    

マダガスカルでの取り組み

ジボダン社は何十年にもわたり、最高品質のバニラを世界中に供給する農家と、現地において直接的なつながりを保ち続けています。バニラの大手供給業者として、ジボダン社は今日、幅広く持続可能な調達イニシアチブを展開し、バニラ業界の支援に力を注いでいます。

バニラ:世界で愛されるフレーバー

ジボダン社は、世界のバニラの約80%を栽培する国・マダガスカルの中でも特に選りすぐりの村からバニラを調達しています。さらにまた、現地のバニラ農家と提携してバニラの収穫量や品質の向上に取り組んでいます。このようなバニラの調達により、私たちは将来におけるバニラの供給の確保に貢献しています。加えて、栽培地域を指定することにより、バニラのトレーサビリティや品質保証の確保も図っています。

 
ジボダン社は、現地のコミュニティと密接な関係を築き、良質なバニラの安定供給を実現しています。これにより、消費者の皆様は食品や飲料に含まれるバニラフレーバーを常にお楽しみいただくことができます。

 

 

 

 

私たちの率先した取り組みはまた、様々な形で生産者を支えています。最初に取り上げる支援分野は食料の安全保障に関するものです。ジボダン社の稲作集約プログラムにより、1,000戸以上の農家で年間の米収穫量が2倍、ときには3倍に増加しました。

        

    継続的な投資

    2つ目の支援分野は教育です。ジボダン社は学校を建築し、現地の教育インフラを整備する活動を行うことで、子どもの健全な教育に対し直接貢献しています。さらには、備品や教材も提供し、マダガスカルの教育に対する継続的な投資に力を入れています。これまでにジボダン社が建設や修繕、メンテナンスに携わった学校は24校に上ります。

    Givaudan school
    マダガスカルでの学校の建設

    私たちのプログラムではほかにも、養蜂、畜産、漁業など代替収入源の確保の促進や、水へのアクセス向上も支援しています。バニラは世界で愛されるフレーバーです。ジボダン社がマダガスカルで展開するプログラムは、ジボダン社の事業にとって有益であるのみならず、現地の農家や、より広い現地コミュニティに貢献するものでもあり、ジボダン社と相手方の双方に利益をもたらす格好の例といえるでしょう。

       

    バニラの認証とトレーサビリティ

    ジボダン社は、認証を受けた有機バニラの現地生産者との連携を通じて、バニラの栽培、収穫、キュアリング(乾燥熟成処理)の完全な管理を実現してきました。認証を受けた農家にとっても、彼らが生産したバニラの市場が確保されているのは安心感があります。また、生産者とその家族は地域開発プログラムによる恩恵も受けてきました。プラグラムがスタートした2010年当初、私たちの提携先はバニラ生産で生計を立てていた14の村落に過ぎませんでしたが、その数は以後拡大し続け、現在では32村落、合計約3,000戸の有機バニラ農家と提携関係を築いています。   

    経験を通じた知識の蓄積

    どんなに複雑な問題であっても、多くの経験を積み重ねれば、知識や専門技術が蓄積されていきます。100年以上にわたってバニラを主力製品として取り扱ってきたジボダン社にとって、バニラはもはやDNAの一部です。私たちは長年、バニラエキスの抽出や調達、フレーバー開発、世界の各市場における法規制、ラベル表記や申告書など、ありとあらゆる観点からバニラに対する理解を深めてきました。バニラに関する私たちの推進力として作用しているのは、世界的なコンシューマーセンソリーインサイトプログラムです。ジボダン社の知識と能力、サプライチェーンは、バニラに関するお客様のあらゆるニーズに対し、大きな力を果たすことでしょう。

     

    バニラについて詳しくはこちら

    > テイスト・エッセンシャルズ(TasteEssentials®)バニラについて
    > 世界最高のバニラの舞台裏