engage your senses

ブラジルのシトラス研究拠点(CoE)

サンパウロのシルビオ・モレイラ・シトラス・センターは、ジボダン社のラボのすぐそばにあります。そのため、ブラジルのテイスト・トレック(TasteTrek®)では、果実を見て選んでから、短時間で評価し、試すことが可能です。

サンパウロのシルビオ・モレイラ・シトラス・センターは、ジボダン社のラボのすぐそばにあります。そのため、ブラジルのテイスト・トレック(TasteTrek®)では、果実を見て選んでから、短時間で評価し、試すことが可能です。     

シルビオ・モレイラ・シトラス・センター

サンパウロ州農務省の一機関として1928年に設立されたシルビオ・モレイラ・シトラス・センターは、国内外の1,000を超える品種を集めた、南米随一のコレクションを誇ります。

ブラジルのテイスト・トレック(TasteTrek®)でジボダン社の専門家とお客様が5年間に評価したオレンジやレモン、タンジェリンなどのシトラスの品種は200種を超えます。

最も代表的なものの一つが、ぺラ・スイート・オレンジです。グローバル・シトラス・フレーバー・コレクションでもご紹介しているこのオレンジは、食料品店の店頭や市場だけでなく、裏庭でも見ることができ、街角で搾りたてが売られています。ジューシーで甘く美味しいため、ブラックビーンズを煮込んだ代表的なブラジル料理フェジョアーダの付け合わせとして昔から使われています。

TasteTrek Citrus, Brazil

テイスト・トレック(TasteTrek®)では毎回、お客様のプロジェクトのニーズに合わせて、視察する木を事前に10本ほど決めておきます。果実は果樹園で、フレーバリストとお客様が選び、評価します。各果実の果皮、果肉、果汁の味と匂いを評価した後、ラボに持ち帰り、さらに果汁を採取、評価する果実を選びます。

     

TasteTrek Citrus, Brazil

ラボに持ち帰る

次に、ミニVASシステムを使い、新しいフレーバーをリアルタイムで作ります。ミニVAS とは、新しいフレーバーの組み合わせを試すときに当社が使うバーチャル・アロマ・シンセサイザー(Virtual Aroma Synthesizer®)の小型版です。これを使うことで、お客様は、新しいアイデアや組み合わせをその場で試し、新たなイノベーションを市場にもたらすうえで必要なアイデアを練ることができます。     

    シトラス・センターがジボダン社を表彰

    シトラス・センターとの関係から、ブラジルのシトラス業界最大のイベント、シトラス・ウィークに当社も参加しています。ジボダン社は、シトラス・センターの遺伝資源アクティブバンク「BAG-Citros」で開発された研究成果へのサポートと貢献が認められ、2014年に表彰されました。