engage your senses

世界を巡る冒険と探求

大型帆船が海を渡って香水やオイルを運んでいた1700年代から、著名な研究者アーネスト・ガンサーが、エッセンシャルオイルに最適な原料を求めて世界中を旅していた1930年代、1940年代に至るまでの冒険と探求が、ジボダン社には深く根付いています。

大型帆船が海を渡って香水やオイルを運んでいた1700年代から、著名な研究者アーネスト・ガンサーが、エッセンシャルオイルに最適な原料を求めて世界中を旅していた1930年代、1940年代に至るまでの冒険と探求が、ジボダン社には深く根付いています。その精神は今も生き続けており、ラボを飛び出し、世界中でインスピレーションとイノベーションを探求し続けています。当社では、こうした冒険を「テイスト・トレック(TasteTrek®)」と呼んでいますが、そのテイスト・トレック(TasteTrek®)シトラスが2016年、10周年を迎えました。

シトラス・フレーバーは、イタリアの冷たいお酒リモンチェッロから、デリーの街角で搾りたてを味わうニンブー・パニに至るまで、無数の形態で世界各地に存在します。10年間調査研究活動を続けるなかで、ジボダン社は、お客様を発見の旅へと誘ってきました。「ストリート目線」に立っていただき、また、関係者以外、なかなか立ち入ることのできないシトラス園にお連れするなどして、お客様がシトラスを主原料とした飲料や食品を新たに考案する際のヒントを得るきっかけとなる、今までにないシトラスのインスピレーションや、フレーバーの独自の組み合わせを探求し続けています。

飲料担当マーケティングのマリッサは次のように述べています。「テイスト・トレック(TasteTrek®)とは、常道から外れ、独創性を発揮して、希少なフレーバーを探し出し、手に入れる - 特定の原料やフレーバーの独自の組み合わせで知られた場所であれば、どのような僻地でもそこに向かう。- これに尽きます。 それにより、お客様は、そのフレーバーの元となる食材の真のエッセンスを活かした、革新的かつ本格的な味を体験することができるのです」。   

TasteTrek Citrus

シトラス品種コレクション

テイスト・トレック(TasteTrek®)の第1回は、カリフォルニア大学リバーサイド校(UCR)にある有名なシトラス園 - 1,000種類を超える珍しい実用品種が栽培されている - で開催されました。この地は今でも当社にとってとても大切な記念の場所です。そのため2015年、ジボダン社は、UCRのシトラス品種コレクションを支援し、寄附講座「ジボダン社シトラス品種コレクション(The Givaudan Citrus Variety Collection Endowed Chair)」の立ち上げに際し、100万米ドルを寄付しました。

シトラスへの果てしなき情熱     

 

 

 

 

 

 テイスト・トレック(TasteTrek® Citrus)10周年コレクション

テイスト・トレック(TasteTrek®)シトラスの10周年を記念した、フレーバーの特別企画コレクションは、シトラスの文化や地域による微妙な違いをとらえた、10年間に及ぶ研究活動を総括するものです。このコレクションは、珍しい品種から、現地で人気を博している品種、世界的に成功を収めている果実に至るまで、様々なシトラスを対象としています。フレーバーは米国、イタリア、ブラジル、日本、インド、中国など7ヵ国にゆかりのあるものです。

   

日本からは、世界最小のみかん「桜島みかん」を紹介しています。本品種は、桜島の火山灰により果樹園の肥沃な土壌が育まれることから名づけられたものであり、強い風味と豊富な果汁をもつ熱帯のオレンジです。

次は、岩だらけの海岸線沿いの街の名前を冠した、インドの「コンカン・シードレス・レモン」です。青いサトウキビの甘さに、スパイスと花の風味がかすかに感じられます。この果実は伝統的に、レモンと呼ばれていますが、普通、青い状態で収穫し、食されています。

イタリア南部で主に作られているイタリア産の美味しいレモンリキュール「リモンチェッロ」で最もよく使われるのが、この「フェミネロ・レモン」です。人気の理由は、皮の油分の含有量が多く、苦味がないことにあります。シトロンとダイダイの自然交雑種なので、すっきりしていて、ピリッとした風味が特徴的なイタリアで人気のレモンです。

スペインの「サンギネロ・ブラッド・オレンジ」はザクロと同じ色素形成の色をしています。鮮やかな色ですが、味は驚くほど繊細 です。フルーティーで、軽いベリー系の味わいが楽しめます。

テイスト・トレック(TasteTrek®)シトラス:世界を巡る探求
     

 

   

TasteTrek Citrus

各国で最もユニークな場所を探す

2011年のテイスト・トレックで中国を訪れたときに、当社のフレーバリストが、東シナ海沿いに位置する浙江省で他に類を見ない「出門文旦(Chumen Wendan Pomelo)」を作る果樹園を発見しました。白い果肉はジューシーで、フローラルな風味に塩気がかすかにあるものの、同時にさわやかな甘みも感じられます。

      みかんを求めて日本を訪れた際は、愛媛県今治市でおよそ30種類のみかんを栽培する「西原みかん園」に出会いました。このみかん園のみかんは日本国内でしか販売されていないため、直接、ここに足を運ばなければ味わうことはできなかったでしょう。

      > イタリアでの探求
      > インドでの探求
      > ブラジルでの探求

         

       持続的な「五感の喜び」の未来は明るい

      ジボダン社のテイスト・トレック・シトラスは10年以上、単にある地域を訪れるだけでは上げることのできない成果を数多く残してきました。それは、素晴らしい人たちに出会い、世界の魅力的な地域を目にして、感情を揺さぶれる、いわば心の旅です。そして、これからも、訪れた場所のエッセンスをより広い世界に伝え続けていきます。

      TasteTrek Citrus

      シトラス担当プロダクトマネージャーのドーンは、このように話しています。「テイスト・トレック・シトラスは10年間にわたり、特徴的なシトラス・フレーバーを提供する当社を安定性とサステイナビリティーという観点から、中心となって支えてきました。また、各地域特有のフレーバーの嗜好を反映させるうえでも、風変わりでおもしろい特徴や予想外の特徴でお客様を驚かせるフレーバーを開発するうえでも、とても役立っています。」

       

       

        今度、スーパーから帰ってきて、オレンジやレモン、ライム、ブンタン風味の飲み物の新しいフレーバーに驚いたら、それは、当社のテイスト・トレック(TasteTrek®)シトラスの、世界を巡る旅の成果かもしれません。