engage your senses

うま味 - 「第五の味覚」をすべての人に

グルタミン酸ナトリウム(MSG)を発明した化学者の池田菊苗は、この特徴的な味を「うま味」と名付けました。1909年に発売された当初、日本の主婦たちにミートストックの代替品として使われていたグルタミン酸ナトリウムは、料理の味にコクと深みを与えます。ジボダン社は、グルタミン酸ナトリウムを使わずに、このコクを再現できるようになりました。

Seaweed

第五の味覚​

耳慣れない言葉ではありますが、うま味のある食品の味は、欧米の厨房や台所でもおなじみです。うま味は元々、チェダーチーズやパルマハム、 タマネギ、鶏肉、マグロ(さらに、母乳にも)など、欧米でとても一般的な食品に含まれている グルタミン酸ナトリウムの味覚効果を表すために使われた言葉です。うま味は今や、甘味、酸味、苦味、塩味に次ぐ、「第五の味覚」として市民権を得ています。

 

グルタミン酸ナトリウムは天然の成分ですが、 その言葉から天然ではない、人工のものだという印象を持つ消費者が少なくありません。この問題を克服できる、クリーンラベル表示されたヘルシーな製品を作る必要と需要に迫られるなか、ジボダン社は食品会社から、うま味が豊富で美味しい製品開発への支援を求められています。 

    うま味に関する科学的な知見と、カリナリー分野の専門知識、食品の味の強調に関する知識を融合させて、ジボダン社が開発したのがテイスト・ソリューションズ(TasteSolutions®) ウマミです。このプログラムを通して、また、カリナリー・トレック(Culinary Treks®)とテイスト・トレック(TastTreks®)の成果として充実させてきた独自開発の原料のポートフォリオを活かし、当社はうま味の望ましい特性を食品に持たせるフレーバーをは創り出しています。このような発見の旅を続けることで、当社は美味しい味のプロファイルをうま味で生み出す、時代を越えて受け継がれてきた料理の秘密を解き明かしてきました。

    クリーンラベルを実現​

    うま味自体は、あまり知られていない概念かもしれません。しかし、ほぼすべての人が毎日口にする食品でうま味に出会っているのです。テイスト・ソリューションズ(TasteSolutions®) ウマミは、あらゆる種類のセイボリー製品に適用することができ、美味しい製品を生み出して、グルタミン酸ナトリウムを使用しなくても同じ「うま味」を消費者にお届けすることが可能です。