engage your senses

贅沢感がありながらヘルシー。この二つの両立が、なぜ可能になったのか。

ジボダン社のなかでも、スイーツは最も幅が広く、多様な分野です。最近は、健康とウェルネスに特に力を入れてきましたが、現在、ヘルシーでありながら、満足感もある製品を求める消費者のニーズを踏まえて、スイーツの「トータル・コンセプト・ソリューション」に向けて取り組んでいます。

Chewing gums

スイーツ分野の製品は、クッキーやクラッカーなどの焼き菓子、シリアル、チューインガムやチョコレート、キャンディーを含む菓子類など多岐にわたります。このように幅広い製品を提供する分野であっても、当社が最も大切にしていること - お客様とともに、消費者を驚かせ、喜ばせることができる製品を創り出す -  に変わりはありません。

 

ホリスティックなアプローチ

当社はかねてから可能なかぎり専門知識を深めてきました。これは、ジボダン社が世界で最も優れたフレーバー・ポートフォリオと技術を持っている、ということにほかなりません。一方、当社は現在、真にホリスティックなアプローチをとり、お客様のブランドと向きあい、その利用者のニーズの把握に努め、市場力学を理解し、「トータル・コンセプト・ソリューション」を開発しています。

    すなわち、まずブランド、消費者の体験、その中の感情的な要素、ベース、それを支えるフレーバーと技術から始める、ということです。スイーツ分野で新たなニーズが生まれ、スイーツ製品に、「コンフォート・オブ・インダルジェンス(甘い癒し)」とも言うべき情緒的側面が加わりました。 

    贅沢感のあるインダルジェンス

    「ヘルシー・インダルジェンス」という考え方は、お客様の重点の置きどころの変化を表しています。グローバルなトレンドを調べる当社のプログラム、フレーバー・ビジョン(FlavourVision®)は、消費者がどのような形で「すべてを手にする」ことを望んでいるのかを示すミクロトレンドを把握してきました。今のトレンドは、物理的な幸せと、精神的な幸せの境界をまたいだものです。消費者が自分へのご褒美を楽しむひとときを持つためには、ヘルシーな製品 - 例えば、低カロリーのチョコバーなど - も美味しくなければなりません。ここでは、贅沢感のある「インダルジェンス」が不可欠です。また、あらゆるレベルで消費者のニーズを満たすことを目指す動きもみられます。確かに難しい課題ですが、ジボダン社なら、自社の技術力とインサイト・プログラムを活用して、スイーツのバランスのとれたソリューションをお届けし、消費者がすべてを手にすることを可能にします。

    新興市場における健康とウェルネス志向

    新興市場では今、健康とウェルネス志向のスイーツ製品へのニーズが高まっています。 アフリカや中東では急速な経済成長にともない、健康に対する意識の高い消費者層が増えています。ジボダン社は、このような現状に合わせた、新興市場向けの新スイーツ製品づくりを進めています。 健康関連の諸問題への対処を支援している段階ですが、所得向上にともない、若い世代を中心に人々がヘルシーな製品を選ぶようになってきました。 

    スイーツというと、昔から二者択一 - 堪能して代償を払うか、自制してご褒美を受けるか - を迫られます。しかし、これも、以前ほど「苦渋の選択」ではなくなりました。ジボダン社が支援し、低糖質、低脂質、低塩分でありながら、美味しく、また、栄養面のメリットも期待できるスイーツが生まれています。さらに、現地の好みに合わせた風味にすることに重点を置いているので、好評を博しています。